本文へスキップ

初心者からベテランまで、「フォーミュラカーをみんなで楽しもう!」

hammerracing-reserve

ハンマー伊澤私達が目指すもの

フォーミュラの魅力に惹きつけられるまで

20代の頃は俗に言う「走り屋」でした。
自分の車をコツコツとチューニングして、夜な夜な峠に走りに行っていました。
やがて、たまにサーキットでの走行会や草レースに参加するようになります。

30代になり、近くにサーキットが出来てからは、サーキット会員になり、ほぼ休みの度に走りに行くようになります。
そこで新たに知り合った仲間(ライバル)達と競い合い、タイムアタック大会でサーキットコースレコードを奪い合うようにまでなりました。

その内筑波サーキットの会員にもなりました。
スポーツ走行日では、当時FJ1600が大盛況で、コクピットの横にデカデカと漢字で名前が書いてあるマシンが何台も走っていました。

フォーミュラカーが走っている姿を間近で見たのはそれが初めてでした。
フォーミュラ隼も甲高い快音を奏でながら走っていたのを今でもハッキリと覚えています。
「カッコイイ!!」と思いながらも、自分とは全く別の世界の事だと思っていました。
とてつもなくお金がかかり、自分には到底乗る事は出来ない乗り物だと思い込んでいました。

30代後半にちょっとした病に悩まされ、しばらく走る事から遠ざかります。
今は車庫で眠っている愛車で、いずれまたサーキットを走りたい!
そう思いながらもそのまま40代になり、今度は生死を彷徨う大病を患いました。
もう2度とサーキットを走る事が出来ないものと諦めました。

そんな憂鬱な日々を過ごしながらも、仕事に復帰するため、リハビリを続けていました。
ある日、移動中に「インドアカート」の看板が目に入りました。
それまでカートと言う物にはあまり興味がなく、遊園地のゴーカート位しか乗ったことはありませんでした。
実際、その看板を見ても特に何も感じ無かったのですが、何故か妻が妙に気にし始めたのです。
妻曰く「車とは違うけど、タイヤが4つ付いた乗り物だし、リハビリにはちょうど良いんじゃない?」

どんな物なのかも分からなかったので、下見にも行きました。
それでも躊躇している自分の背中を押したのはやはり妻でした。
一度乗ってみて、無理そうなら途中で帰って来れば良い。
カート場に血圧計等を持ち込み、場内にAEDが設置されていることも確認し、万全の体制で初走行に挑みました。

今思えばそれがフォーミュラへの入口だったのです。

インドアのレンタルカートとは言え、そこにも本気で挑んでいる人達がいて、かなり刺激を受けました。
リハビリのために始めた自分も、いつしか本気でカートを乗りこなしたいと思い始めます。
アウトドアのカート場でKTで練習。その内ミッションカートにも乗り始めました。
その頃知り合ったレンタルカート場の店員さんから、フォーミュラのレーシングチームのオーディションの話を聞かされます。
昔よく見たFJ1600。
絶対に自分が乗ることは出来ないだろうと思い込んでいたフォーミュラカー。
そのフォーミュラカーが、いつの間にかすぐにでも手が届く所にあったのです。

FJ1600に乗り始め、その魅力にとりつかれ、その後はスーパーFJ・F隼・F-4(JAF-F4)等のフォーミュラに乗ります。その内、元々メカをいじるのが好きだったって事もあり、メンテナンスも自分で行いたいと思うようになりました。ハンマー伊澤

以前は、全く別の世界の乗り物だと思い込んでいたフォーミュラ。
意外にも身近に有り、手軽にレンタルで乗る事が出来る。
この事をもっと多くの人に知ってもらいたい!
もっと多くの人にフォーミュラカーの魅力を味わってもらいたい!
それが私たちハンマーレーシングの目指すものであり、目標です。



ハンマーレーシング代表   ハンマー伊澤


ハンマー水平線スポーツ走行カレンダー
疾風・Fルノー・FCJパーツ販売
fフォーミュラ中古車
ハンマーレーシングブログ
ハンマーレーシングLINEページ
hammer racing facebook pageハンマーレーシングページtwitter
レーシングチーム

shop info.店舗情報

ハンマーレーシング

千葉事務所
〒284-0044
千葉県四街道市和良比313-115
TEL.090-8116-9445

筑波ガレージ
茨城県下妻市村岡166-33
スーパーウインズ内
TEL.090-8116-9445